スマホ依存対策方法

スマホゲームのやりすぎを防ぐ方法

ならないための対策方法

ルール作りが大切

子供がスマートフォンを常にいじっていてもしかしたらスマートフォン依存症なのかと不安になる方はたくさん居ると思います。
少しでも怪しく感じたのなら早めに対策をする事が大事になってきます。
その対策の一つがルールを作る事です。
これは子供のうちだからこそ出来る対策方法になります。
大人になってしまうと一人暮らしなどで注意してくれる人が減ってしまいます。
そうなると自分でルールを作っても少し甘くなってしまう可能性があります。
なので子供のうちからこう言ったルールを作る事で習慣が体に身について大人になってからもその習慣を守るようになるわけです。
ただ余りルールが厳し過ぎてしまうと大人になってから反動で逆効果になりかねませんので気を付けましょう。

どんなルールが良いのか?

では実際にどう言ったルールを作れば良いのかと言うことですが良くあるのが1日1時間までと言ったような時間を指定してしまう物があると思いますがこれは余り良くはないでしょう。
スマートフォンは連絡ようの端末のため通話や会話をする事に特に使います。
なので下手に時間を指定してしまうと友達付き合いに問題が発生してしまう場合が出てきます。
何時間までと指定してしまうよりもご飯の時は使わないと言ったような何かをする時くらいはスマートフォンを触らないようにすると言ったルールの方が良いと思います。
ルールを守った時にはしっかりと褒めご褒美などをたまに与えるとルールを守るモチベーションが上がるため効果的な方法だと思います。


この記事をシェアする